aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

メイン | 2007年09月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月17日

桑田投手解雇

 桑田投手がパドレスに解雇されました。
 残念な結果ですが、プロの世界ですから解雇されるのも仕方ないのでしょう。
 私中学1年生のときに、桑田投手と清原選手がPL学園で甲子園球場で大活躍しました。5連続甲子園出場はなかなか簡単にできるものではありません。
 1度も出場できない人も多いわけですから(私も甲子園に出場できなかった選手の1人です)。
 
 これからの桑田投手の去就に注目があつまりますが、来季から指導者になる方向になったとしても、アメリカの野球をもう少し体感していただき、日本のプロ野球選手につたえてもらえればと思っています。

 日本の良いところ、アメリカの良いところをミックスして指導できるのは桑田さんでしょう。 
 これからの日本の野球界を背負っていく方ですから。

2007年08月18日

35(さんごー)会

 野球から人生を語ろうという会を開催していますが、会の名前は私の日本ハムファイターズ時代につけていた背番号35から35(さんごー)会と名付けられました。
 過去2度は野球からの人生。いじめ問題についてのディスカッションを私がナビゲーターとなり、行ってきました。
 今回はオープンの講演をという声が多かったので、まずは私の講演を行い、その後、懇親会を開きます。職業も年齢もバラバラの方が出会うきっかけの場所だと思っています。
 詳細は以下のとおりです。是非ご参加ください。

 私が普段得意としている企業研修等で行っている目的意識、モチベーションアップ等、私が野球で経験したことを社会に適応していくことのできる内容だと思います。
 私の講演はあくまでも提案型の講演です。
 海老名イタリアンレストラングランサッソで行います。講演の後には懇親会を開催します。
 今回は申し訳ありませんが、私もプロの講演講師としてお話をさせていただきますので、講演3500円(ソフトドリンク1杯つき学生3000円)。懇親会5000円(食事、お酒飲み放題学生4000円)で行います。
ご参加希望の方は、お名前、携帯お電話番号、メールアドレス、職業、講演・懇親会の出席を記載の上、ima35masa@aol.comまでご連絡ください。40名の定員です。
申し込み締め切りは9月20日とさせていただきますが、定員になり次第締め切らせていただきます。

35会開催日

35会開催日は9月23日の日曜日です。
今関勝

2007年08月19日

時間の管理

 時間の管理って難しいですね。
 昨日、生まれて2回目の遅刻をしました。一度は携帯電話がないころで、野球の練習時間が思っていたよりも長く、その体のケアをして遅れました。突発的な事故によるものでしたが、今の家内、当時は付き合っていた彼女を2時間半待たせてしまいました。
 その後は相手に申し訳ないですし、人間として貴重な時間を共有する相手に失礼な ので時間は気をつけるようになりました。
 何らかの理由により時間に遅れたことはあります。何らかの理由キャンセルしたこともあります。
 その時には当然のことながら、先方に連絡をいれ、お詫びをします。
 
 
 昨日は完全な私の勘違いでした。約束の時間に遅れ先方に連絡も入れず、大変失礼なことをしました。30分自分の思い込みにより、間違えてしまったのです。人間だから仕方ないと言っていただきましたが、自分が許せません。
 1日24時間という時間は人に同じだけ唯一あるものですが(命の時間は別にして)、その時間にルーズになる自分が許せないのです。 
 時間にルーズな人で嫌な思いをたくさんしているのに、同じ行動をとってしまったことが残念で仕方ありません。
 人への信頼をなくすのは簡単ですが、信頼を得ることは難しいことですから。

 予定も今回ダブルブッキングが出ました。予定が入っていたものをスケジュール帳に書いていませんでした。
 ダブルブッキングはどちらかをとれば、どちらかを裏切ることになります。
 昨日は最悪な1日でした。
 
 何かここのところ文章にも焦りや心汚さが出ている気がします。嫌な思いをされている方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございません。
 来週は野球の仕事が縦続けにあります。
 ここで気持ちを整理して、もう1度本来の自分に戻ろうと思っています。

 情けない自分も、強気な自分も、馬鹿な自分も、全て自分なのですが・・・・・。
 時間の管理って本当に難しいですね。

2007年08月20日

不動心

  仕事しながら、24時間テレビを見ていて、3箇所で手が止まりました。
 1つ目は駅伝の選手の気持ちです。2年生のときにたすきを途切れさせてしまい、翌年には神奈川大学優勝の一因でした。
 でも選手は良いことより、悪いことのほうが覚えているものです。
 10年以上たち走り抜きました。トラウマが取れてくるといいですね。
 
 2つ目は障害者野球をする高校生。ここで不動心松井選手が書いた本が出てきました。実以前紹介した本と同じ時に購入していました。
 松井選手がし移動すると選手がどんどん伸びていきます。これが指導者として楽しみなのですが。
 
 3つ目は欽ちゃんのマラソンです。心が強なる話しを聞かせてもらいました。
 不動心すごく良い言葉ですね。
 
 今日は子供たちへの野球教室。子供に勇気を与え、勇気をもらおうと思います。
 子供の可能性は無限です。たのしみです。

2007年08月21日

神宮球場室内練習場でのわくわく野球合宿

 神宮球場の室内練習場でわくわく野球教室が開催されました。日本青年館で知らない子供達が共同生活を2泊3日で行います。初日は私今関勝が指導し、2日目はベースボールコミュニケーションのスタッフが軟式野球場で指導し、ヤクルト対阪神タイガースを練習から見学試合観戦し、3日目には軟式野球場で副島さん(元ヤクルト・元オリックス)が指導します。
 子供たちの適応力、そして子供たちの吸収力には驚かされました。
 はじめは恥ずかしがっていた子供も、話していけば分かります。靴を並べること、挨拶すること、ありがとうということ、ごめんなさいということ、全てがたった7時間でできるようになるのです。

 子供達にはいつも勇気をもらいます。当然私からはヒントも勇気を与えます。あくまでもヒントです。選択するのは選手たちです。
 それでもできてしまうのが、子供たちです。大人が子供の限界を決めつけてはいけないと感じました。
 正直今日の練習開始時はどうなるかと思いましたが、最後には中学生の距離(中学生も1人いましたが)でストライクが入るようになっていました。
 
 子供達には可能性があります。自分がやりたいことがあれば、周りを納得させなくてはいけません。
 この中から何人の選手が甲子園に出場し、プロ野球に行けるのか楽しみでなりません。
 子供への指導は難しいですが(言葉が通じないので難し言葉を簡単にしなくてはなりません)、その分変化が大きく楽しみがあります。
 未来の子供たちへ。夢をかなえられると信じてください。松井選手も言っていましたが・・・。
 大人は子供の可能性をつぶさないでください。子供が頑張っているのであれば。後悔すると次のステップに進めません。
 いつもそうですが、野球の現場はやはり楽しいですね。その分私も勉強しなくてはなりませんが。

2007年08月22日

強気の攻めって?

 投手を見ていて強気の攻めという言葉をよく聞きますが、強気の攻めって何なのでしょう。
 気軽に使う言葉ですが、インコースストレートを多投するのが強気の攻めなのでしょうか?
 私はそうは思いません。確かにインコースストレートを投げるのは勇気がいる球です。何でもかんでもインコースストレートというのは強気ではなく、無謀だと思っています。
 インコースはコースを間違えれば、デットボールもあり、兆打もある。インコースは有効に残像を残す球だと思っています。
 
 実は投手の立場からすると、遅い球を投げることは勇気のいることです。遅い球をさもストレートを投げるように投げることも強気の攻めだと思います。
 フォークボールはワンバウンドもあり、すっぽ抜けてしまうとただの長打を打たれる可能性のボールです。フォークボールを投げることも強気の攻めです。

 打者に対して向かっていく気持ちがあれば、強気の攻めではないかと感じています。
 
 私は調子が良かった時は遅いストレート、今でいうカットボール、2シーム、全力投球の球を投げていました。 
 調子が悪くなると勇気が足らずすべて全力投球になってしまいます。
 どちらが強気の攻めでしょうか?
 
 当然タイプがあるので、一概には言えませんが、ストレートを多く投げることが強気の攻めではありません。
 投手の中心線はストレートですが。
 矛盾している内容かもしれませんが、強気の攻めって色々な要素があると考えています。
 
 明日は指導で出かけますので、また明後日ブログアップします。
 都市対抗前の三菱重工神戸の最後の調整指導です。

2007年08月25日

都市対抗開幕

 社会人野球の全国大会。都市対抗が開幕しました。高校野球甲子園大会が終了するとすぐに社会人野球です。
 社会人野球には今年はあまり行けませんが、スポットで指導している三菱重工神戸と日本生命の試合は観に行きます。
 都市対抗野球は社会人の最高の舞台です。
 今年の都市対抗予選は荒れました。JR九州が敗退し、日産自動車、三菱ふそう川崎、NTT東日本が敗退しました。
 開幕戦では優勝候補に挙げられていたホンダが敗れました。
 都市対抗本戦いも荒れそうです。
 初出場のセガ・サミー。熊本ゴールデンラークス。赤べこ軍団。
 ホンダに勝利した三菱重工長崎の後藤投手は私とおなじ学年の37歳です(私は早生まれなので36歳ですが)。
 社会人野球で自分と同じ年でプレーしている選手。本当に素晴らしい投手です。
 私のいた現NTT東日本(NTT東京)が敗退しましたが、10年連続出場の高橋選手、飯塚選手が補強での出場です。自チームで出場したかっただろうと思います。
 これから都市対抗野球から目が離せません。
 どんなドラマが待っているのでしょうか?

2007年08月26日

アメリカ人の野球好き

  雨が強かったため、ヤンミース対タイガースの試合開始時間が4時間遅れました。それでも観客がいるのです。
 私も初はめ独立リーグで待ち時間2時間でゲームを開催しましたが、驚きました。 
 延長も終わるまででしたから、試合終了1時ということがありました。
 
 ヤンキース対タイガースは試合終了午前3時。それでも観客が少なくなっていたものの残っていたは驚きました。
 車社会のアメリカと電車で移動する文化があるでしょうね。 しかし、アメリカ人は野球が好きです。
 応援しているチームだけでなく、良いプレーには相手チーム関係なく、スタンディングオベーションします。
 
 ブーイングも当然ありますが、それは敵味方関係なく、気の抜いてプレーや怠慢プレーです。

 打つ瞬間、投げる瞬間の静寂さは最高でした。
 アメリカのような環境でやれば自然に選手は育つでしょう。浮くし活動に励んでいますが。そしてアメリカ人のプロ野球にかかわる人へのリスペクトがアメリカの野球を文化にするのでしょう。当然、せんしゅはh
 日本の野球の応援も私はテンションをあげるには好きでしたが。29日に都市対抗に行って、私の原点に戻ってきます。

2007年08月27日

イメージ作り

 たまにはイメージ作りも必要でしょう。
 溜まっていた3週間分のアニメやドラマを見まくりました。
 DVDで2倍速、そしてCMを飛ばしていくと30分ちょっと見ることができます。
 アニメは大きく振りかぶって・メジャー、ドラマはファーストキス・女帝・牛に願いを・受験の神様・山田太郎物語などを見ています。
 間がという人がいるかもしれませんが、ドラマを多くみたいですし、内容が分かっていけばそれで良いのです。
 基本的にノンフィクションが好きですが、よりイメージを作りたいときにはフィクションの本・ドラマ・映画を見まくります。

 イメージってすごく大事ですし、本・ドラマ・映画には作者や脚本家・監督の想いが詰まっていて、メッセージが必ずあるはずなのです。人情もの・家族愛・友情・成り上がりものなど、メッセージがあります。

 
 今日はこれから仕事して、講演の準備をし、28日・29日はほぼ確実ですが、東京ドームに行こうかと思っています。
 イメージ力がなければ、行動を起こせません。行動を起こすためにはイメージが必要です。

 イメージを作るためにも、ドラマを見ることも必要でしょう。イメージって指導や執筆、講演にも必要なのですよね。
 
 

2007年08月28日

コミュニケーション

 コミュニケーションの基本は挨拶・返事だと思います。
 挨拶・返事・時間を守るということは人と人がコミュニケーションをとるためには必要なものだと思っています。
 スポーツ選手の良いところは、目を見て挨拶・返事ができること。時間を守ることができること。当たり前のことなのですが、当たり前のことができないのが現実です。 
 自分で時間を守れない人は、他人のタイムスケジュールをマネジメントすることはできません。

 ありがとう。ごちそうさまでした。ごめんなさい。すみません。おはようございます。お先に失礼します。いろいろな言葉がありますが、この言葉を発せずに言い訳をするのはコミュニケーション能力がない人と思われます。
 はいという返事もそうですが、はいはい。では相手に対して失礼なことが多くあります。

 今は注意をしてくれる大人がいないので、うるさい親父だと思われても、後で分かってくれるだろうと思うことはヒントとして言うようにしています。
 何度か話しをしてみて、それでも聞かないのであれば、何も私は言わなくなります。
 気をつけて言えないのか?気をつけないで自然にやってしまうのか?癖は習慣なので必ず変えられることだと思っています。
 本人に気づきがあれば、性格も変えられると思っています。

 当たり前のことを当たり前に。簡単そうなことですが、実は難しいですよね。
 出会うことは誰にでもあります。ただ、それを縁にできるかどうかは本人の意識次第。挨拶や返事次第だといっても過言ではないのではないでしょうか?
 身だしなみも外見も大事ですが、中身が空っぽではさびしいですよね。

イメージ作り

 先日ちょうどブログで書きましたが、先日久々にゆっくり家で過ごし、思いっきり録画したドラマやアニメ、ノンフィクションの自分の興味のある番組を2倍速で見まくりました。
 色々な物を見ることで、ヒントはたくさん落ちています。
 人と会うことでもイメージは作ることができますが・・・・・。
 思いっきり寝たいとも思うのですが、長く眠ることができないのですよね。
 


2007年08月29日

野球界が変わってきている

 野球界の何かが変わろうとしています。高校では佐賀北高校(公立高校の進学校)が優勝し、社会人野球で都市対抗初出場をし熊本ゴールデンラークスが昨年の覇者TDKに勝利し、NTT信越クラブが日本通運を破りました。
 
 施設があり、選手がその施設を有効活用すれば、良い選手は育ちます。良い施設がなくても、考えと行動で強いチームに勝利することはできるのです。赤べこ軍団も敗戦はしたものの、四国銀行と1-2の試合です。

 野球界全体が変わってきているのではないかと考えています。量は必ず必要ですが、質を求めていかなくてはならないんでしょう。
 
 文武両道。仕事と野球と家庭のバランス。以前にも書いたとおり、人間力は確実に選手としてのスキルを上げます。
 野球だけをやっていれば良いという時代は終わったのかもしれませんね。仕事もでき、野球もできることが重要なのかもしれません。
 
 話は変わりますが、都市対抗の雰囲気はやはり自分を元気にしてくれます。
 多くの野球関係者とお会いできることは大変うれしいことです。
 そして何よりもクラブチーム・社会人という私の原点に戻れる場所です。
 
 番狂わせが多いのも、何か野球界が変わってきているのでしょう。
 
 今日はスポットの指導先三菱重工神戸の試合です。強豪日本生命との対戦ですが、投手陣が頑張ってロースコアーのゲームを作っていけば勝機も見えてくるはずです。
 
 力を出し切ってくれ。もう彼らは寝ているでしょうが・・・。三菱重工神戸旋風期待しています

私にとっての都市対抗野球は終了しました

 私の都市対抗野球は昨日で終わりました。OBであるNTT東日本が予選で敗退し、昨日スポットでの指導先三菱重工神戸が敗戦しました。
 都市対抗野球を観戦することで、自分の奥底にある湧き上がる気持ちが戻ってきます。
 熊谷組に補強され初出場。自チームで出場した2回目。目標にしてきた東京ドームが日本ハムに入団することでホームグランドに。
 都市対抗野球を見ると原点に戻れるのも、自分の経験があるからでしょう。

 さて、話しを昨日の試合に戻しましょう。1週間前に三菱重工神戸を関東に来てから1日だけ指導しました。(5月からとびとびでトータル10日前後行っています)その時に言葉の伝達ミスがありました。
 慣れではありませんが、分かっているだろうと指導してしまいました。
 分かっているだろうではだめで物事は分かるまで伝えないといけないですね。
 強豪日本生命ですから、簡単にはいかないと思っていましたが、私の中での3失点以内でゲームを作るという目標だったので、私の指導は不合格です。

 選手は緊張感を楽しんでいたと思いますが、自分が緊張し、そして伝え方を失敗したと反省しています。スポットの指導の難しさを痛感しました。 
 バックネット前から3列目で真っ赤なシャツを着ていましたが、選手と約束をしていたので、その約束を守りました。
 4回までは1-2で負けていながら、追いつける雰囲気があり、1-3になりゲームが決まったかと思いましたが、2-3になり、2-4になり、4-4まで追いついたところは良かったところです。8回裏に2失点で4-6の敗退。

 バッテリーで配球は決めるもの。投手はうなずいたらそのサインを投げると決めたということ。
 外中心の言葉足らずが招いた結果だと思っています。選手・コーチ・監督・ファンの方に申し訳なかったと思います。
 
 終わってしまったことなので、切り替えてまた指導に呼んでいただいたときに、選手にきっちり伝えられるように日々勉強していこうと思います。
 

2007年08月31日

緊張感

 昨日は私の中の都市対抗が終わり、今日は大社高校での講演です。
 文化祭の中でお話しをさせていただきます。
 全校生徒・先生・ご父母に対しての講演で1000人弱の講演です。
 今は緊張感の中にいます。
 講演での緊張はどこか野球での先発投手のような気持ちです。
 昨日は飛行機が出雲空港に着陸するかどうか分からない状況。無事着陸し、講演ができるようになりましたが、着陸しなかったらと思うとぞっとします。
 
 今日は生徒と一緒に楽しんでいこうと思います。
 ヒントを生徒に与え、生徒からパワーをもらう。良い時期に講演をいただいたこと、感謝して講演させていたこうと思います。

Calendar

2009年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

http://www.japanlaim.co.jp/