aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 台湾戦でも | メイン | エースの登板見たかった »

できることなら

 できることなら。2つのことをしてほしい。

 1つ目はやっと決勝進出を決めた、日本チャンピオンチーム中日の先発投手をエース川上投手にしてもらいたい。これは単純に見たいということと、日本代表をしたクラブチームという意識を持ってもらいたいためです。
 昨年、新庄選手が引退を決めているから出場しなかったという言葉も、怪我で苦しかったのは分かりますが、日本シリーズまで出場しているのですから、アジアシリーズの優勝の瞬間にもグランドにいてほしかったです。

 次に北海道日本ハムファイターズの吉井投手コーチの発言。撤回してもらいたいです。実際の記者会見は見ておらず、新聞記者が上手く文字を抜粋したのかもしれませんが、「何をしたらよいか分からない」「興味ない」「教えるの得意分野でない」「センスない」。こんな言葉を聞いたら選手は不安になります。

 海外で多数のチームで経験されてきた方だけに残念でなりません。
 今まで体の勉強、メンタルの勉強、応急処置、危機管理、栄養学、全て浅く広くですが、スポットでの指導のためにも行ってきた勉強です。

 「ダルビッシュしか分からない。修行です。」と吉井投手コーチ。言われていることは分かりますが、はたしてそれで良いのでしょうか?
 勉強をしコーチになりたい人が多いのに。何故?選手が不安に思うことは考えないのですか?謙遜かとは思いますが、それは謙遜とは違う気がします。
 できることなら私と変わってほしいくらいです。

 正直、コーチングをしているとその時はベストだと思っていても、変わってくることは多数あります。勉強していくと常にこちらのほうがベストではないかと考えます。幹は当然変わりません。
 その時その時ベストなことを伝え、選手に選択権を持たせるのがコーチではないでしょうか?
 選手と確認しながら作り上げていく。試合への起用の判断は客観的に行っていく。経験だけでなく、知識、観察、人望、表現力があってはじめていいコーチになれるのではないでしょうか?

 できることなら。これが上手くいかないのが野球界なのですが。まだまだ時間はあります。時間をかけて夢に向かって進んでいきます。

Calendar

2009年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

http://www.japanlaim.co.jp/